HOME  >  歯の治療は怖くない!  >  親知らずの治療 インターネット予約 問診票ダウンロード

親知らずの治療(滋賀県甲賀市の歯科)

親知らずの治療ならアップルデンタルクリニック
親知らずの治療

親知らずとは、第3大臼歯のことで18〜30歳くらいになって生えてきます。親知らずまでまっすぐ生えている人は、ほんのわずかです。
親知らずには様々な問題点があるために、抜いてしまったほうが良い場合がほとんどです。親知らずを抜くと、もの凄く痛い!というイメージがあると思うのですが、実際顔が腫れるような状態になるのはごく一部のものです。

特に上のまっすぐ生えた親知らずは痛みもなく10秒くらいで簡単に抜けます。親知らずを大切に残しておいたばかりに、手前の歯まで抜かなくてはならなくなってしまうというケースを多く見かけます。親知らずを抜いて、第2大臼歯までの歯をきちんと残していった方が、将来的に歯を残すことになることでしょう。

親知らずの弊害

  1. 智歯周囲炎という親知らずの周りに炎症を引き起こす。
  2. 第2大臼歯を巻き込んで歯周病になりやすい。
  3. 第2大臼歯を致命的な虫歯にしてしまう。
  4. 虫歯や神経の治療を長期的に成功させるのが困難
  5. 噛み合わせがわるくなりやすい。

親知らずまめ知識

親知らずは、18〜30歳くらいから生え始めます。昔は親が亡くなってから生えてくるため、親知らずと呼ばれるようになりました。別名、智歯と呼ばれますが、これは英語の「wisdom teeth」の日本語訳です。 智恵がついたころに生えることが由来です。 生える前の親知らずを使った再生治療が話題になっていますが、実用はまだまだ先ですし、金額も100万円位します。

 【 歯の治療は怖くない! 】 その他の項目もぜひご覧ください。
歯の見た目が気になる ・歯が痛い ・ハグキが腫れた ・歯が抜けた ・歯並びが気になる ・ノンメタル治療 ・親知らずの治療 ・痛くない麻酔治療
Copyright(c) Since 2010 Apple Dental Clinic. All rights reserved.