HOME  >  歯の治療は怖くない!  >  歯が痛い インターネット予約 問診票ダウンロード

歯が痛い(虫歯・歯周病)は滋賀県の歯医者へ

虫歯・歯周病
歯が痛い

「歯が痛い」これこそが歯科医院を訪れる、一番多い理由になると思います。では、この「歯が痛い」、歯が痛くなる原因は何でしょう?実は「歯が痛い」状態には、いくつかの種類があります。

次の質問に答えを出しておいていただけると、歯科医院で問診がスムーズです。

  • 自発痛があるかどうか?
    自発痛というのは、何にもしていなくても痛みがあることをいいます。
  • 自発痛はどんな痛みですか?
    ジーッと痛みが一定で長く続くもの。ズキンズキンと脈拍に合わせて痛みが出るもの。
  • 冷水痛があるかどうか?
    冷たい水などがしみるかどうかです。
  • 温水痛があるかどうか?
    熱いお茶などで痛みがあるかどうかです。
  • 咬合痛があるかどうか?
    物を咬んだ時に痛みがあるかどうかです。
  • 痛み自体にムラがあるか?
    日によって痛みが出たり出なかったりするかどうかです。

例えば虫歯が進行して神経が化膿してくると、ズキンズキンと自発痛が出て、冷水痛が始まってから、だんだん温熱痛が強くなっていきます。また歯周病のように歯ぐきが原因になっていると、冷水痛はあるのですが、痛みの程度が小さかったり、日によって痛みにムラがあったりします。

このように痛みを明確にしていくことで、痛みの原因が明確になっていくのです。ですから歯科医院で痛みについて質問された時に、ウソをつくのはやめておいたほうが賢明です(信じられない方もいるかもしれませんが、時々いらっしゃいます)。

あと、痛みを我慢するのもやめたほうが賢明です。痛みを我慢し続けますと痛みが大きくなり、麻酔が効きにくくなり、治療も困難になり、患者さんの苦痛は大きくなります。ですから、歯の病気はなるべく早期に発見し、治療する事が一番よい方法です。
早期の治療により、時間も短くなり、痛みも無く、歯本来の機能をより長く維持する事ができるのです。

アップルデンタルクリニックでは、痛みの原因を早く突き止め、解決する様々な設備、薬品、技術があります。安心してご連絡ください。

 【 歯の治療は怖くない! 】 その他の項目もぜひご覧ください。
歯の見た目が気になる ・歯が痛い ・ハグキが腫れた ・歯が抜けた ・歯並びが気になる ・ノンメタル治療 ・親知らずの治療 ・痛くない麻酔治療
Copyright(c) Since 2010 Apple Dental Clinic. All rights reserved.